孤独になるには、旅に出るのが一番さ。byスナフキン

飛ぶ、歩く、食う、食う、食う、寝る。

暇なのでGW真っただ中にANAスマートU25を使ってみた話

暇。

 

 

暇が最大の敵…のくせにこれといって趣味もない私にとってもはや試練ともいえるGW10連休。雑用でもなんでもやるから出勤させてくれ~

 

せっかくだから外出しようかなと思うものの、海外の航空券は高いし国内旅行には興味なし。

 

かろうじて行きたいところとして思いついたのが、

中部国際空港セントレアに昨年オープンしたFlight Of Dreams。

 

そうだ、そうしよう・・・。

 

ん?いやでも、空港まで行って飛行機乗らないとかないっしょ?

飛行機乗るかぁ~

 

 というわけで、

学生時代にやり損ねた当日券チャレンジに挑むことを決めたわけです。

 

ANAJALのお得な当日航空券GETサービス

出発当日に航空券をとるというのは結構なお値段がかかりそうではありますが、

25or26歳以下の貧乏人のために、ANA様とJAL様が素晴らしいサービスを提供してくださっております。

 

当日に購入となると、LCCよりこちらの方が安かったりします。

 

ANA スマートU25

 ・満12歳以上25歳以下

 ・マイレージ会員、カード会員しか使えない。

 ・当日am0:00(多分)からANA国内線空席検索ページで、

  スマートU25の対象空席があるか検索できる。

 ・JALスカイメイトより対象便(行先)が多い。

※U25のUアンダーじゃなくて、ユースらしい。

URL:https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/fare/domestic/smart-u25/

 

搭乗希望日当日に、国内線空席検索ページでスマートU25を選択すると空席状況を確認できます↓

f:id:lazyladytraveler:20190503223054p:plain

ANA_smartu25_guide

 

JAL スカイメイト

 ・満12歳以上26歳以下

 ・マイレージ会員、カード会員でなくてもOKっぽい。身分証の提示は必要。

 ・ネットではスカイメイト対象席の空席状況は分からない。空港に行かないと×。

 ・中部国際空港発の便だと、北海道行きのみがスカイメイトの対象らしい。

URL:http://www.jal.co.jp/dom/fare/skymate.html

 

GWでも当日航空券は取れるのか

am11:00頃@中部国際空港 ANAカウンター

 

我々「スマートU25でとれる航空券ありますか?」

ANAのおねえさん「行先はどちらをご希望ですか?」

我々「どこでもいいんですが・・・」

おねえさん 「・・・(笑)お調べします(笑)※困り顔」みたいなかんじ

 

このおねえさん、行先がどこでもいいからチケットが欲しいといわれるのは初めてだったようです。

こういうサービスは、お金はないが時間がある学生あたりをターゲットにしていると思っていましたが、

さすがに「どこでもいい」といってくる変な奴はそうそういなんですね。

 

そうこうしているうちに、おねえさんが頑張って北から順に調べてくれました。ありがとうございます。

余談ですが、全フライトを対象に空席を調べられるシステムではないようです。不便なシステムだな~と思いましたが、よく考えたらそんなシステム需要ないですね。我々みたいな人が来ない限り。

 

そして我々に与えられた候補地

女満別

旭川

・札幌(新千歳)

・仙台

・長崎

・石垣

 

なるほど。結構余ってるんですね。

GWにこれだけ選択肢があるとは。

 

てなわけで、カウンターで北から南までの候補地の中から選択を迫られたわけです。

後ろに並んでいる方々もいるので即決が求められる・・・プレッシャー・・・

 

女満別→どこ。「おまんべつ」じゃないんかい。「めまんべつ」かい。

旭川→ありよりのあり。出発時間、天気◎

・札幌(新千歳)→夜便かぁ。

・仙台→スルー。旅先としてはつまらないんでね。

・長崎→今月行くんですよねぇ。なし。

・石垣→出発時間が迫りすぎ。

    あと天気悪い。雨じゃシーサー作り体験ぐらいしかできないって。

 

というわけで、行先は

 

北海道 旭川

 

に決定!!!!!!!!!

 

航空券購入のために、25歳以下であることを証明すべく保険証を提示。

マイレージ会員ではなかったので、その場で仮会員証を出してもらいました。

ちなみに正会員?になるには別途申込書を郵送する必要があります。

 

そして最後に19,000円をお支払いしチケットを無事GETいたしました👏

通常料金(ANA FLEXA)だと51,000円もするところをなんと、

62%引きで買えてしまったわけです!!!!すんごい。

 ANAカウンターでJALのクレジットカードを出したので、きっとお姉さんの心証を損ねたことでしょう。

すいません。

 

旭川弾丸旅行のお話はまた今度。

 

帰りの航空券問題

こちらのお得なサービスのデメリット(というかリスク)として挙げられるのが、

 

帰ってこれる保証がない問題

 

です。

 

勿論通常料金を払えば帰りの航空券も事前にとれるわけですが、

A●AとかJ●Lみたいなお高い航空券は、私のような貧乏人には手が届きません。

 

ですので、帰ってくるには

1、帰りも同様のサービスを使って当日券チャレンジをする

2、LCCの余っている航空券をとる

3、陸路で帰る

のいずれかの方法をとるしかありません。

 

今回は海を渡ってしまったがゆえに「3、陸路で帰る」は現実的ではなく、高くつくので断念。

 

結局、新千歳空港からAirAsiaの中部国際空港行きの便を使って帰ってきました。

 

当日の朝に券を購入し21,000円なり。

 

たぶんLCCにしてはお高めだと思いますが、まあ仕方がないでしょう。

昼間の早い時間の便でも良ければ、ANAJAL旭川からの便もあったと思います。

あと名古屋ではなく東京行きならもう少し選択肢が広がったかと。

 

ということで、無事当日券チャレンジ成功です。旅のお供にも感謝。

 

計画をこなす「旅行」ではなく、ちょっとしたスリルを味わいながら「旅」したい方にはとてもお勧めです。

 

ただ、帰ってこれる保証はありませんので、お仕事・学校のある方はくれぐれもお気をつけください。

 

ああそろそろ海外旅行いきたいなぁ~~

 

おまけ:Flight Of Dreams@中部国際空港

一応ちょっとだけ覗いてきました。

今後セントレアに行く際にまたゆっくり寄ってみようと思います。

 

わかったこと:

プロジェクションマッピングはずっとやってるわけじゃない。時間制?

・食事をするための席を取らないとゆっくり眺められない。ただしエスカレーターを往復し続ければ解決(笑)

・ほとんどが課金コンテンツ。タダでは、室内に置かれたボーイングプロジェクションマッピングボーイングの下で遊ぶ課金した皆様を眺めることしかできません。あんな近くで飛行機見れるだけでも十分ですけどね(笑)

 

f:id:lazyladytraveler:20190503230506j:plain

Flight Of Dreams

では。

 

シアトル滞在記~まじめ編~

 

はじめに

3回目の海外もアメリへ。

今回は、アマゾンやマイクロソフトスターバックスなど世界的に有名な企業の本社が集まるビジネス都市:シアトルに5週間滞在しました。

 

ちなみに前回はカリフォルニアに1ヶ月(過去記事参照)。西海岸行きがち。

lazyladytraveler.hatenablog.com

 

今回も成田空港からデルタ航空に乗って出発

マイル貯めればよかったなと思いますが後の祭りです。当時はマイルの存在など知らなかったので…

 

長時間フライトに耐え忍び、シアトル・タコマ空港に到着。到着ゲートでは謎の飛行機がお出迎えしてくれました↓。

f:id:lazyladytraveler:20180908092923j:plain

 

今回はとあるプログラムに参加するためにシアトルに滞在しました。

その内容は書くととんでもなく長いので省略。

滞在中に訪れたところについてだけ記録しておきたいと思います。

 

 ワシントン大学

こちらはシアトルが誇る超名門大学 University of Washington

通称「UW(ユーダブ)」です。

f:id:lazyladytraveler:20180908092407j:plain

 

 

かっこいい………………!!!!!

 

 

f:id:lazyladytraveler:20180908092521j:plain

 

広っ……………………………!!!!!!

 

それなりに市街地に近いところにあるのにこの広さ。乱立しているはずの高層ビルが視界に入らない設計…(ディズニーみたい)

 

街中の近現代的でせわしない感じとは打って変わって、

落ち着いて学業に専念できる西洋風なキャンパスでございました。

 

ちょうど桜の咲く季節だったので、キャンパス内はピクニックや散歩に訪れる人で溢れていました。素敵すぎる。

ちなみにシアトルの桜の一部は神戸市が贈ったものだとか。

f:id:lazyladytraveler:20180908092430j:plain

 

ワシントン大学の図書館↓。ハリーポッターの世界や……(興奮)。

ハリーポッターあんまり知らないけど。

f:id:lazyladytraveler:20180908093021j:plain

実は留学先を探していた時から、UWいいなぁと思っていたのですが、

実際に訪れてみるとアメリカの名門大学のオーラに魅了されてしまいました。

 

自分の学部からは留学できなかったので諦めましたが、海外でマスター取ろうと思ったら絶対出願しようと心に決めています。(志望動機が浅い。まぁ絶対ないし、そもそも受からないんだけども。)

 

ちなみにご縁があって一回UWの講義に(公式に?)潜入させていただいたのですが、

2割ぐらいしか理解できず絶望

このとき既にスウェーデンに長期留学することが決まっていたので、かなり危機感を感じて帰ってきました。(なお留学を終えた今、同じ講義を聞いたところでせいぜい6割ぐらいしか分からないだろうと思うと辛い…)

 

シアトル公立中央図書館

不思議で奇抜な形をしたこの建築物が、シアトル公立中央図書館です。

こう見えて10階建てぐらいです。最上階?から1階までの吹き抜けスペースなんかもあり、建物内もおもしろい設計になっていました。

ちなみに階段やエスカレーターは科学館にありそうな近未来的な雰囲気を放っています。

f:id:lazyladytraveler:20180908101715j:plain

図書スペース↓

日本語の本も結構ありました。長期で海外滞在するなら、タダで日本語の本に触れられるのはありがたいですよね。

f:id:lazyladytraveler:20180908101716j:plain

自習スペースも充実↓

でもこの屋根の模様が机に反射?しそうで嫌だな…

f:id:lazyladytraveler:20180908101727j:plain

パソコンスペースももっと充実↓

てか公立図書館なのにパソコンありすぎでは?!(笑)

f:id:lazyladytraveler:20180908101734j:plain

書籍も施設も充実しており、かなり人も入っているし、

まさによく作られた生涯学習の場であると感じました。

 

短期滞在される方は図書館に用はないかもしれませんが、建築物として見るだけでも刺激をもらえて面白いと思います。

ダウンタウンの中にあるのでぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

というわけで、今回は大学と図書館について書いてきました。

シアトルは知性溢れる都市だなと感じていたのですが、そのように感じさせる要因の一つはこういった市民に開かれた学びの場が充実しているからかもしれません。

 

 おわり。

カリフォルニア滞在記~観光地編~

カリフォルニア滞在記ラストは、テーマパーク以外で訪れたところについて書きたいと思います。とはいえあんまり覚えてないので写真メインで。

 

 

ラグナビーチ

これぞカリフォルニアという景色↓。

f:id:lazyladytraveler:20180905193834j:plain

飛行機?が旗をつけて飛んでます↓。

日本でたまに企業広告の気球が飛んでますが、そんな感じですかね。何が書いてあるか見えないのでPRになっているのかは疑問ですが、面白いなと思いました。

f:id:lazyladytraveler:20180905193844j:plain

日本の人気のビーチのように海の家とかでゴミゴミしてなくて良いですね↓。

ちなみにご飯などが買えるところは砂浜のゾーンではなく、もっと内陸側?に沢山ありました。タトゥー屋や安いサングラスが大量に置いてある店もあった気がします。

f:id:lazyladytraveler:20180905193849j:plain

波は結構強めです。太平洋に流されて行かないようにご注意を。

(何人かおぼれかけて助けられてました…)

f:id:lazyladytraveler:20180905193854j:plain

サンタモニカ

めちゃくちゃ白波立ってて大丈夫なのかという感じですが、海水浴客でにぎわってました。ちなみにこの反対側には小規模ながら遊園地もあって一日楽しめるスポットです。

f:id:lazyladytraveler:20180905194911j:plain

ご立派な海の家?↓

f:id:lazyladytraveler:20180905194834j:plain

ビーチの近くはショッピング街になっています。

ハワイっぽい↓。

f:id:lazyladytraveler:20180905194844j:plain

海外好きの方にはおなじみのこちら↓

 

極度乾燥(しなさい)

 

何これ笑うwww

とか言っていましたが、比較的高級なブランドでございました。

意味不明な日本語が書かれたTシャツやバッグが素敵なお値段で売られています。

(このあと幾度となく目にすることになるとは思いもしなかったのである。)

f:id:lazyladytraveler:20180905194848j:plain

ハリウッド

こちらはグリフィス天文台からの景色です。

遠くに見えるかすかなHOLLYWOOD。

しょぼ…

f:id:lazyladytraveler:20180905195806j:plain

天文台からの反対側の景色。

案外田舎やな…

f:id:lazyladytraveler:20180905195815j:plain

 

マイケルジャクソン!!!!!

f:id:lazyladytraveler:20180905200600j:plain

 

ジョニーデップ!!!!!

f:id:lazyladytraveler:20180905200145j:plain

名前だけ知ってる!!!!!!

 

ハリウッドはハリウッド映画好きの方なら楽しめると思います。

私みたいな人は呼ばれてませんでした…。でもお土産屋が結構あって買い物するのは楽しかったからOKです。

 

そんなこんなでカリフォルニア滞在記は終わりです。

1か月住んでみての感想としては…

 

旅行するなら最高。住みたくはない。

 

以上です。

 

カリフォルニア滞在記~遊園地・水族館編~

カリフォルニア・アミューズメント編ラストは、絶叫マシーンの宝庫「Six Flags」と、遊園地と水族館の複合施設「Sea World」についてです。

Six Flags

まずは「Six Flags Masic Mountain」から。

f:id:lazyladytraveler:20180904191920j:plain

富士急やナガスパでは物足りない…!!!!という絶叫マシーン中毒の方。

行くしかありません。

 

なんとこのSix Flagsには

アトラクション数 52

ジェットコースター数 19

ウォーターライド数 3Wikipediaより)

と、多くのアトラクションがあります。(こんなにあったかな…)

 

しかもかなり過激でスリル満点のアトラクションが勢ぞろい。富士急のメインアトラクションレベル(もしくはそれ以上)のものを集めてきた感じの遊園地です。

 

こんな感じで絶叫マシーンが敷地内に詰め込まれています↓

f:id:lazyladytraveler:20180904195920j:plain

夏に行きましたが、それなりに混んでいてメインアトラクション全部に一日で乗るのはかなり厳しいです。

時間的に乗れたとしても体力と精神が持たない…

絶叫する予定の方は是非のど飴でも持って行って下さい。

f:id:lazyladytraveler:20180904191933j:plain

こちらは確かスタンディングライドをするジェットコースター↑。

当時はUSJにフライングダイナソーが出来る前だったので、立ったまま乗るというだけで衝撃的でした。

 

他にも木造のジェットコースターもあり、ガタつきすぎて脱線するんじゃないかと不安になったりならなかったり。

 

あとはこんなかんじで垂直に昇って下がるやつとか↓。乗りませんでしたが。

f:id:lazyladytraveler:20180904200744j:plain

というわけで、モノ好きな方はぜひ行ってみてください。

 

 

Sea World

 お次はカリフォルニアの八景島シーパラダイスことSea World」です。

※私、八景島シーパラダイスに行ったことはございません。

 

どうせ子供向けのテーマパークだろうと思っていたら、全然そんなことありませんでした。

f:id:lazyladytraveler:20180904193736j:plain

水槽見るだけのゾーンは日本の水族館と同じ光景。

(若干のファインディング・ニモ感↓)

f:id:lazyladytraveler:20180904193508j:plain

 

日本の水族館との圧倒的な差を感じたのがこちらのショー↓。

f:id:lazyladytraveler:20180904193532j:plain

ハイクオリティなパフォーマンス音楽の融合。

動物と人間の境界を感じさせない一体感

さすがエンターテイメントの最先端をいくアメリカだなと感激しました。

f:id:lazyladytraveler:20180904193511j:plain

(シャチってこんなに一斉に見れるんだ…)

ショーだけでもかなりの満足感を得られましたが、同敷地内にはいくつかアトラクションも。

 

ゆーて水族館にくっついてるのなんてしょぼいっしょ(笑)(笑)

 

と思ってたら無事裏切られました。

 

例えばこちらのアトラクション↓。

上って下がるだけの超単純なウォーターアトラクションですが、見事に濡れました。

前回USJの記事にも書きましたが、アメリカの水系アトラクションは要注意です。

f:id:lazyladytraveler:20180904193526j:plain

 

他にも普通の?(マンタに乗る風の)ジェットコースタ―も乗りましたが、トンネル入ったりとかして結構面白かった気がします↓。

f:id:lazyladytraveler:20180905192437j:plain

 

全体的にあまり期待していなったがゆえに、かなり満足して帰ってきました。

 

ちなみにこちらのシーワールドはサンディエゴにあります。

そっちまで足を運ぶ用のある方、ご家族で旅行される方はぜひ。

 

おわり。

 

カリフォルニア滞在記~ユニバーサルスタジオ編~

テーマパーク編第2弾はユニバーサル・スタジオ・ハリウッドについてです。前回はディズニーについてご紹介しましたが(前回記事参照↓)、本場のユニバーサルスタジオも外せません。

 

lazyladytraveler.hatenablog.com

 

というわけで簡単にご紹介。

(写真加工してるので画質悪いですがお許しください。)

 

エントランスはおなじみの地球儀。骨組みだけだとなんとなくレトロ感があっていいですね。

USJといいディズニーシーといいテーマパークのエントランスに地球儀置きがち問題。

f:id:lazyladytraveler:20180829200834j:plain

 

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの名物アトラクション(?)はこちら

STUDIO TOUR」です。

f:id:lazyladytraveler:20180829203100j:plain

1時間近くトラムのようなものに乗って、実際のハリウッド映画の撮影に使われたセットを見ることが出来ます。あとハリウッドのユニバーサルスタジオの面積の広さを体感できます(笑)

 

特に印象的だったのが宇宙戦争のセットです。墜落した(?)飛行機があるのですが、それが妙にリアルで帰りに飛行機に乗るのが怖くなった記憶があります。(もともと飛行機恐怖症気味なので…)

 

それから、このスタジオツアーではただセットを眺めるだけではなく、いろんなスリリングな体験も。その中に洪水とか大地震に見舞われる系も含まれているのですが、日本だったら不謹慎とかいってアウトになりそうだなとか思ったり思わなかったり。

 

ちなみに日本では独立したアトラクションになっている「ジョーズ」は、このツアーの中に組み込まれていました。(ジョーズって長時間並ぶ割にしょぼいし、これぐらいで十分な気が…)

 

というわけで、日本にこのアトラクションが来ることは(面積的にも)あり得ないので、是非足を運んでみてください。無理な方はぜひYouTubeで「スタジオツアーハリウッド」で検索を。

 

他にもUSJにはないアトラクションもいくつか。

f:id:lazyladytraveler:20180829203532j:plain

中でも、この「MUMMY」というアトラクションが最高に楽しくて2、3回乗ってきました。これは屋内の絶叫系アトラクションで、イメージとしては超高速・バック走行ありのスターツアーズといったかんじです。

人気のアトラクションのようで結構待ちました。とはいっても1時間ぐらいだったと思いますが。

 

こちらはトランスフォーマー

f:id:lazyladytraveler:20180829203538j:plain

たしかうUSJでいうスパイダーマン的ポジションです。乗り物に乗って3D眼鏡かける系です。案外楽しかったという記憶だけ残ってます。

 

最後は日本にもあるアトラクション「Jurassic Park」。朝一で行って20分待ちぐらいで乗りました。

f:id:lazyladytraveler:20180829203548j:plain

アトラクションの内容は日本とほぼ同じですが、水のかかる量が違います。

間違いなくびしょ濡れになります。

カリフォルニアの夏は乾燥してるのですぐに乾きますが、濡れたくない方はカッパを買って乗ることをお勧めします。たぶん売ってました。売ってなかったらすみません。

 

写真を見返していたら、一日いたわりにあまりアトラクションに乗っていないことに気づきました。

スタジオツアーで1時間くったり、マミーに何回も乗ったり、あとはフォトスポットがたくさんあるのでその辺で遊んでたりしてたからですかね。

 

本気で周ればもっと乗れると思います。

私が行ったのは8月の土曜だったにもかかわらず、そんなに混んでいなかったので。

(ディズニーよりは混んでましたが。)

 

というわけで、ユニバーサルスタジオハリウッドの訪問記でした。

映画ファンの方、大人だけで旅行する方はぜひ行ってみてください。

 

次回は水族館と遊園地について書きます。

 

おわり。

 

 

 

 

 

カリフォルニア滞在記~ディズニー編~

今回からはカリフォルニアで訪れた4つのテーマパークについて書いていきたいと思います。

 

ラスベガスとか、ハリウッドとかどうでもいいです。まあラスベガス行ってないんですが。

これからアメリカ旅行を考えている方や絶叫系ファンの方には是非カリフォルニアのテーマパークを訪れていただきたいのです。

 

まずは定番ディズニーから。

 ※人が映っていない写真がほぼなかったので、友人がとったものを拝借しております。

 

カリフォルニアのディズニーリゾートには、ディズニーランドカリフォルニア・アドベンチャーの2つがあります。日本でいうランドとシーといったところですね。

 

今回はカリフォルニア・アドベンチャーだけを訪問。

訪れたのは9月の土曜日。天候にも恵まれ、さぞかし混んでいるだろうと思いきや、

これがなんとめちゃくちゃ空いていました。平日に行ったらガラ空きなんじゃないかと思うほど…

 

というわけで絶叫系アトラクションの待ち時間がかなり短い。最高。

 

実はこのディズニーには私が人生で最も恐怖を感じた絶叫アトラクションがございます。

その名も「ミッキーのファンウィール」。写真中央の観覧車みたいなやつです↓。

そう、観覧車みたいなやつであって、ただの観覧車じゃありません。

f:id:lazyladytraveler:20180828201154j:plain

普通の観覧車のようにゴンドラが固定されていないんです。つまり、この小さな楕円の中を移動するわけです。移動した時の勢いでやたらと左右に振られます。

ボキャ貧で説明しきれないのでぜひYoutubeで「ディズニー ファンウィール」で検索してみてください。

 

たまに強風で観覧車が大きく揺れている映像がテレビで流れてますが、まさにあんな感じです。しかも観覧車ぐらいの速度で一周するため乗車時間が長い。

後にも先にもこのアトラクション以上の恐怖を与えてくる乗り物には出会わないと思いますし、出会いたくもありません。

 

 よく見ると真ん中のミッキーもほくそ笑んでるではないか…そして謎の電光を放っている…何が「fun wheel」だという感じです。今すぐfunをscaringterrifyingに変えていただきたいですね。

 

 ディズニー・アドベンチャーではもう一つおもしろいアトラクションがありました。

それはカーズランドの中にある、「ラジエーター・スプリングス・レーサーズ」というアトラクション。

 

f:id:lazyladytraveler:20180828205349j:plain

 全体的には空いていたディズニーでも、こちらの最新のアトラクションエリアはそれなりに混雑していました。アトラクションも1時間ぐらい待ったと思います。180分待ちとかに耐えられる日本人なら余裕ですね。

なお上の写真はカーズランドエリア内を徘徊している車。たぶん動いてた気が。たぶん。

 

ラジエーター・スプリングス・レーサーズは絶叫系ではありません。

乗車時間のほとんどは、ただカーズの世界感に浸れるだけです。

 

日本にはないアトラクションなのでそれだけでも面白いのですが、最後に高速カーレースが待ち受けており、これが最高に楽しかったです。

2台が横並びに走るので、複数人で行って2グループに別れて乗るとテンション爆上がり間違いなしです。

カリフォルニア・アドベンチャーに足を運ぶ方は是非お乗り逃しなく。

 

ちなみに日本にあるのと同じメインアトラクションとしてはこちら↓

f:id:lazyladytraveler:20180828205414j:plainおなじみのタワテラです。アメリカではハリウッドタワーなんですね。

たしか15分待ちぐらいでした。素晴らしい。

 

f:id:lazyladytraveler:20180828205419j:plain

夜にはウォーターショーが行われていました。ここを訪れたのは数年前。

日本のシンデレラ城でプロジェクションマッピングが始まる前から水上のプロジェクションマッピングやってたわけです。さすがエンターテイメントの最先端アメリカ…圧巻でした。

 

全体的な感想としては、

ディズニーやっぱ夢の国だわ最高!!!!

というわけではなく

めちゃ空いてるし絶叫系スリル満点だし、、、ここ本当にディズニーなのか??

といった感じでした。

 

※もちろんキャラクターとのグリーティングなどもあります。ミッキーやドナルドなど人気キャラクターもそれほど並ばずに写真取れます。たしかミッキーはサインもくれました。

 

 

 というわけで、絶叫系アトラクション乗りまくりたいディズニー好きの方には、この「カリフォルニア・アドベンチャー超おすすめです。

もう日本のディズニーなど行けなくなります。要注意。

 

次回はユニバーサルスタジオについて書きます。

 

おわり。

カリフォルニア滞在記~アメリカ入国まで編~

海外2か国目はアメリカのカリフォルニアでございました。

滞在期間は約1ヶ月。目的は語学留学です。

 

 

出国までのお話

実は高校の頃から、大学では北欧に長期留学するという夢を抱いていました。

がしかし英語力・コミュ力共に欠けまくっていた(いる?)ため、一旦短期留学に行って耐えられるかどうか試してみようと思ったわけです。あとはあわよくば英語力上がったらな~みたいな甘っちょろいことも思ってました。

英語なめんなって感じですね。

 

アメリカのプログラムならディズニーに行けるらしい!!!

 

これを知った私は他のアジアになど見向きもせずアメリカの短期留学プログラムに応募。今だったら絶対タイとか台湾を選んだのに…(この時もまだ「海外=西洋」でした。過去記事参照。)

 

lazyladytraveler.hatenablog.com

 

無事選考も抜けて、アメリカ行きが決まりました。

 

ノリと勢いで応募したものの、いざ決まると突然不安に襲われる現象が…!

 

そこで英会話教室に入会(単純)。渡米前に数回レッスンに行きました。

もちろん、英語力は上がりませんでした☆

てなわけで戦闘能力ゼロのままアメリカに特攻。

※英語学習の話についてはいつか別記事にまとめたいと思います。

 

 

日本出国からアメリカ入国までのお話

今回のフライトは成田発ロサンゼルス行きのデルタ航空

たしか10時間ぐらいかかったと思います。

 

 機内で何をしていたかは記憶にありませんが、

アメリカンサイズの爆バディなCAさんたちが陽気に談笑ながら食事を配っていたことだけは覚えています。(CAってスラっとした美人だけがなるもんじゃないんですね。)

 

初の長時間フライトを終えた私を待ち受けていたのは、厳しいことで有名なアメリカの入国審査。英会話びぎなーが恐れおののく例のイベントです。

 

とりあえず、英語話せますけど?感を出しながら戦場(入国審査官の前)へ。

 

わたし「はろー」

あめりか「how long will you stay?」みたいなかんじ。

わたし「one month」どや。

あめりか「mkejikjbpeihepoajme??」

わたし「?????」

あめりか「how much do you have?」みたいなかんじ。

わたし「……(10万円換金してきたけど、10万ってなんていうんだ…てかドルで答えなきゃじゃね??1ドル何円や…vねおヴぇげおmj@ぼm)…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………。

あめりか「shgpiherggmaegpejrgae!!」もういいよてめぇ!いけ!みたいな雰囲気。

わたし「せんきゅー」って言ったかな、何も言わずに抜けたかな。

 

無事死亡しました。

その先1ヶ月に対する不安を掻き立てられ、入国審査というものに対するトラウマを植え付けられるイベントでございました。

 

というわけで、なんとかアメリカに入国。

ロサンゼルス空港を出るともうそこはカリフォルニア!!(当たり前。)

f:id:lazyladytraveler:20180826202203j:plain

生えてる木が南国っぽくて、あーついに来たんだな―というかんじでした。

f:id:lazyladytraveler:20180826202236j:plain

 

次回はカリフォルニアのテーマパークについてでも書こうかなと思います。

 

 おわり。